忍者ブログ
Home > [創作活動]企画・公募 > 2014年5月活動まとめ

2014年5月活動まとめ

少し遅くなりましたが、5月の活動まとめです。


あなたのSFコンテスト
 企画サイト公開しました。「小説家になろう」の場所をお借りして開催される、大規模(になることを目指している)SF小説企画です。なお、ここでいうSFとはサイエンス・フィクションのことに限らず、スペキュレイティブ・フィクション、すこし・ふしぎ、桜・風吹、スペース・ファンタジー、シル○ニア・ファミリーなど、S・Fの略とみなすことのできるものなら全てSF小説と認めます。あ、でも商標登録のはやめてほしいなぁ。。SFの枠組みを広げる、あるいは、SFの多様性をつぶしてしまう、楽しい企画です!
 SF界隈でいろいろありましたから、このタイミングしかないなと思い、開催することとなりました。この企画のためにいろいろと準備を重ねていたのですが、いざ開催となってみると不備や考えていなかったことが多くて、なんだか楽しいです。企画って楽しいなぁ。
 参加者は7月21日まで募集。その後、9月1日締め切りで作品投稿期間。9月末締め切りで投票期間があります。どしどしご参加ください。



SFコラムコンテスト【yourSFスピンオフ企画1】
 そのスピンオフ企画として、「SF」を題材にしたコラムを募集する企画を開きました。結果7作集まりました。みなさんの「SF」観を垣間見ることができて、とても嬉しかったです。



あなたのSFコンテスト【イラスト部門】
 スピンオフ企画第二弾です。こちらはまだまだ募集中。SFコンテストのイラストバージョンです。SF(ただしSFならなんでもいい)イラストを9月1日まで募集です。
 こんにゃくさんに依頼して、お手本イラストを描いていただきました。そしたら「さしみ・フルーチェ」というとんでもないSFが! こんなSFがあったとは驚きです。でも食べたくはない。
 このイラスト企画もコラムコンテストも、初期の空想科学祭で薀蓄館や書評コーナー、イラスト企画が立ち上がっていたことを参考にしています。空想科学祭を参考にしすぎかもしれませんね。ありがとうございます。



■第6回お題執筆会
 恒例の共同主催企画。力入れて書くとか言っておきながら、結局数時間クオリティの短編で済ませてしまいました。モチベーションって持続が大事。「スライムの回転について」という、タイトルだけでもうどうでもいい作品です。コペルニクスさんに恨みがあるわけじゃないのよ(という元ネタアッピール)。
 感想に革新が起きた雰囲気。第7回が今から楽しみです。
 あ、その前に投票っ。


第17回てきすとぽい杯
 こちらも恒例。みんな大好きてきすとぽい杯。今回はなんとGW特別編ということで、四夜連続で開催されました。しかもお題積み上げ形式。
 四夜参加ということで、久々にあらかじめ四話分のプロットを用意。さてどんと来いと思いながらも、初めてのスマホ執筆に悪戦苦闘しつつ一夜目「幽霊屋敷」をクリア! さあて二夜目は~と思っていたらまさかのういなさん欠場。ちぇープロット三話分に書き換えてやるーと思い第三夜に参加してみると、お題は「大金」(第二夜)と「男の子(登場人物)」というなんとも痛い展開に。大金はともかく男の子かーと悩んだ挙句、華麗に(?)登場人物BとCを双子にすることで回避(できていたらよかったのにな)。まあ四夜目があるから大丈夫さ、四夜目で挽回してやるもんねーと臨んだ第四夜、まあまさかここで簡単なお題が来るはずもないことは覚悟していたのですが、予想を遥かに上回るお題が出てきました。じゃじゃーん「ペンネームの頭文字で予測変換(書き出し)」! なにこれ。。もうスマホで執筆なんてこりごりなのに~と思いながらもスマホで小伏の「こ」と打ってみたら、予測変換で「コンビニ」が。そしてその後文が続くことなく「。」が。。。もうもはやプロットなんてなかったんやと涙をのみながらふらふらになって「幽霊船」というSFを書き上げたのでした。ばたん。
 その振り回されっぷりに同情してもらえたようで、特別賞“君こそ真のSF作家賞”をいただきました。同情するなら賞をくれた。嬉しい。ありがとうございます。


【BNSK】月末品評会 in てきすとぽい season 3
 参加しましたー。「one」というお題をもとに短編小説を書く企画。「たったひとつのぼくを求めて」という作品を投下。実をいうと12345文字にしたくて書いただけの作品。
 リチャード・バック効果なのか、投票を1つ、関心評を3つ(+期日後投票1つ)いただいていました。
 ういなさん、ある辛口感想人によると文章はそれなりに上手いらしいです。たまに大荒れするけど基本的に読みやすい文章書ける人だって。だからテキトーに書いてもそれなりに評価されてしまう。これって自分から伸びしろを殺しているってことですよね。褒められると舞い上がってしまいますが、しっかり作品と向き合う練習もしないとなぁと痛感する次第です。ういなさん自分の作品を大事にするのが苦手だから。
 次回も、できれば参加したいなぁと思っています。いま長編を書いているので、スケジュール的に厳しいかもしれませんが、ちょっと気になる作者さんを見つけてしまった。



■☆感想交換会☆
 をテンミリ小説板で主催しました。お二人ご参加くださった。
 この記事を書いている5月8日時点で自分はまだ感想を投稿できていないのですが、まあ三人ということで結構なあなあで進行しています。この三人でよかった。
 どちらも辛口OKとのことですので、それなりの感想を書いているつもりです。まだ書いている途中なんだけども。。。



テンミリ小説語り場
 やっぱり参加しました。小説語り場。5月は第二土曜と第三土曜に開催。新規入室者さんがあって、とても嬉しい。



即興二次小説
 お馴染み即興二次小説。ここでテンミリショートショートを書かせていただいてます。5月は「蟻の巣:巨大蟻との戦い」という掌編を1篇、15分の制限時間で書きました。それだけです。いまのところ書き溜められたテンミリショートショートは8作。目標の80作の1割になりました。



まあこんなもんかな。
ある鍵付きコミュニティで掌編書いたり、匿名でいろいろやってるのはいつものことだから気にしないー。わざわざ書かないーって書いてるー。
あと、5月31日からある公募に向けて長編を書きはじめました。とりあえず書きあがれるよう頑張ります。
ではまた。
PR
コメント
お名前
タイトル
メールアドレス
URL
コメント
パスワード

管理人

小伏史央(こぶせふみお)

ブログ内検索

バーコード