忍者ブログ
Home > [作品]はきだめ > 高橋しん『最終兵器彼女』について

高橋しん『最終兵器彼女』について

※以下、『最終兵器彼女』のネタバレを含みます。充分にご注意ください。




 セカイ系、というジャンルがある。ゼロ年代の台頭、個のなかに世界を見出した逃避のテクスト郡である――。
 その代名詞とも呼べる作品が、漫画『最終兵器彼女』なのであるが、この作品でえがかれるのは徹底してシュウジちせならびにその周囲の「人間」であり、国の対立、戦争、というものは、語られない。結局なにと戦っていたんや……。というのはおそらくほとんどの方がいだかれた感想だろう。
 えがかれているのは結局のところ恋愛物語に帰結されるのだから、そしてそれこそがセカイ系といわれる所以なのであるから、舞台背景について言及するのは野暮というものだ。しかし野暮なのを承知で、戦争の相手はなんだったのか、という疑問について言及するならば、個人的には答えが出ている。それは、地球そのものではないか。
実を言うと地球はもうだめです。
突然こんなこと言ってごめんね。
でも本当です。
 ちせが偶然に戦争に巻き込まれ、人間たちが死に絶えていくなか、地球もまた大きな変動を遂げている。それはちせたちの境遇とは違い、偶然とは思えない。作中にも、ガイア説を思わせる叙述が含まれている(たしか最終巻あたりに。確認し次第具体的にどこであるか書き加えておきます)。
 そしてこれは発想の飛躍になるが(作品の範疇から逸脱し、個人の主観として作品を“娯読”することになるが――)「人間」もまた「地球」の一部に他ならないのであるから、地球がおのれを治癒
するのであれば、「人間」が動き出すのもまた道理。地球の意思によって、人間は戦争をおこし、そして滅びたのではないか――地球の治癒作用によって。
 ……まあ、なんにせよ良いSFですよね。そして良い恋愛。
PR
コメント
お名前
タイトル
メールアドレス
URL
コメント
パスワード

管理人

小伏史央(こぶせふみお)

ブログ内検索

バーコード